×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

免許制度が変わりました。

平成16年の11月から4級小型船舶操縦士が2級小型船舶操縦士になり乗れる総トン数の限定区分がなくなったので、20トンの船でも運転できるらしいです。
そして、さらに、営業免許(特殊)も自動的に新免許につくので、観光船とか渡船とかの営業もできるらしいです。
さらにすごいことは、1級小型船舶操縦士を受験するのに、2級小型船舶操縦士保持者は実技がなくなり、64問の問題が50問免除になるので、14問の受験数になり、それを65%正解できたら1級合格となるそうなのです[記事タイトルB]
船舶免許って?

[記事タイトルB]

日本において船舶免許とは、小型船舶及び特殊小型船舶の操縦免許証を指します。顔写真付きの公文書で本人確認が可能であり運転免許に次いで保有者が多いことなどから、国内では一般的な身分証明書としても幅広く利用されている。
そのため、密航の際の偽造の対象になることがある。小型船舶の試験に申し込むには財団法人日本海洋レジャー安全・振興協会の各地方事務所で受け付けています。
(財)日本海洋レジャー安全・振興協会 近畿事務所 大阪市都島区片町1−5−13(大手前センチュリービル) TEL(06)6882−5846 ※申込期間は試験開始期日の20日前から7日前まで。
免許の取得方法は大きく分け2通りの方法があります。ひとつは通称受験コースと呼ばれ、もうひとつは教習所コースと呼ばれるものである。受験コースとは、試験機関(日本海洋レジャー安全・振興協会)実施の身体検査・学科試験・実技試験を受ける方法のことです。

小型船舶の試験内容について

それぞれの資格に応じて、次の年齢に達していなければ受験がきませんのでご注意ください。 二級小型船舶操縦士(若年者限定)(湖川小出力限定)試験、特殊小型船舶操縦士試験・・・15歳9カ月 その他の種別の操縦試験・・・17歳9カ月 試験には身体検査・学科試験・実技試験があります。
小型船舶の試験に申し込むには?(財)日本海洋レジャー安全・振興協会の各地方事務所で受け付けています。 (財)日本海洋レジャー安全・振興協会 近畿事務所 〒534−0025 大阪市都島区片町1−5−13(大手前センチュリービル) TEL(06)6882−5846 ※申込期間は試験開始期日の20日前から7日前まで。

Copyright © 2007 船舶免許をとろう!